2016年8月5日金曜日

私たちの夏休み ロングラン 千里中央校編

こんにちは!
校担当の平野です!
 
今回は夏のマナビス風物詩
「ロングラン」
についてお届けしたいと思います!
 
 
「ロングラン」とは!
夏休みの高校生の生活に合わせて
成績アップ&志望校合格というゴールへ向けて朝から晩までスタッフ・生徒みんなで一緒に走ろう(勉強しよう)という期間です!!
 
開校時間である午前10時には約100名のマナビス生が来校します。
 
そして、閉校時間の午後10時まで
 
「映像授業」を受けて、色んな知識を吸収したり、
 
 
 
「自習」で問題を解き、知識の定着度を確認したり、
 
 
友達とご飯を食べながら談笑して、「休憩」したりしてマナビス生は過ごしています。
 
 
私たちスタッフも朝から晩まで生徒のみんなを見守りながら、サポートに徹しています!
 
こちらは朝とお昼のアドバイスタイムの様子!
活気がありますね!
 
 
 
 
夜もアドバイスタイムのラッシュは止まりません!
こんな時間でも笑顔があふれていますね()
 
 
普段、私たちスタッフは
「こんにちは!」「いってらっしゃい!」「おつかれさま!」「さようなら!」と生徒に声をかけることが多いのですが、
このロングラン期間中はマナビス生が外に出て休憩を取って戻ってくることもあるので、
「おかえり!」
と声をかけることも度々あります。
 
ロングラン期間中、マナビス生は一日の半分近くをマナビスで過ごします。
お盆明けまで、ロングランは続きます。 
スタッフとともに一緒に走りきるロングラン期間&やりきる夏にしましょう!
 
校担当 平野