2016年10月14日金曜日

厳選!アシスタントアドバイザー学問紹介 理系 桑原編

こんにちは、アシスタントアドバイザーの桑原です。
 
写真は研究室で必死に論文を読んでいる僕です。
 
 
僕は今年で大学四回生になり、現在は研究室で過ごしている毎日です。
 
なので、学問紹介といっても僕が研究室でやっている内容になるので、少し専門的になってしまいます。
ご容赦ください。
 
僕が研究しているのは「熱電発電」というものです。
 
おそらく皆さん聞いたこともないかと思いますが、その名の通り「熱を電気に変える研究」です。
 
「それって地熱発電?」と思われるかもしれませんが(100%そう聞かれます。)、違います。
地熱発電は蒸気でタービンを回しているのですが、熱電発電は熱を直接電気に変えることができるのです。タービン等はありません。
 
熱電発電のメリットとして、可動部がなく故障が少ない、少ない熱も電気に変えることができるといったことがあるので、
簡単に修理に行くことのできない宇宙空間にある人工衛星の電源や
 

 
大気と人体のわずかな温度差で発電する腕時計などに使われています。
 
 
しかし、変換効率の悪さというデメリットがあり、なかなか実用化されていません。
その変換効率を改善するという研究を行っています。
 
皆さんも興味があれば、画期的な発電方法を将来研究してみて下さい。
 
アシスタントアドバイザー
桑原