2016年12月10日土曜日

受験当日の思い出 アシスタントアドバイザー 川西編

こんにちは!
アシスタントアドバイザーの川西です!
 
写真は大学の前の道の紅葉です!
 
どんどん寒くなってこたつが恋しい時期になりました。
こたつでみかん、最高ですね。
私は受験期には毎日みかんを食べていました。
みかんはビタミンCが豊富なので、風邪予防に効果的らしいです!
そのおかげか私は受験期風邪をひかず乗り切ることが出来ました!!
みかんおすすめです!
みんなが体調に気を付けて、元気に寒い冬を乗り切れますように!
 
最近の私は、、、ひたすらカフェを巡っています!()
おすすめは大学から数十分歩いたところにあるカフェです!
 
 
写真はだし巻き卵サンドとあんバターサンドとそれを見つめるわたし、、、です!
めちゃめちゃおいしかったです。おすすめです。
気になる人は詳しく話すので休憩ついでに話しかけて下さいね!
 
ということで、、、本題に入ろうと思います。
 
今回から新シリーズ「受験当日の思い出」が始まります。
 
私の「受験当日の思い出」を語りたいと思います。
 
受験当日、細かなハプニングは色々ありました。
センター試験当日は、後ろの席の人がテスト前の静かな時間に鼻歌を歌っているのが気になって動揺してしまいました。
私立受験の日には、後ろの人が座席にひじをつく振動に悩まされました。          
 
そんな周りに敏感なわたしが試験を乗り切れたのは
あるものおかげです。
 
それは、お母さんの手紙とチョコです!
お母さんは毎時間の休憩の回数を計算して()、1回の休憩で1個チョコが食べられるように持たせてくれました。
また、一緒に入っている手紙にお母さんの気持ちがぎゅっと詰まっていました。
試験2日目には起こったハプニングにめげないように、励ましの言葉がたくさん書いてあり涙ぐんでしまいました。
もちろん家でもたくさん励ましてくれましたが、試験会場の緊迫した空気の中で読む手紙の力は大きかったです。
 
お母さんのおかげで私は落ち着きと前向きな気持ちを取り戻すことができました。
 
受験期は親のありがたみを痛切に感じる時期だと思います。
感謝の気持ちでいっぱいになります。
 
たくさんの人に支えられて受験しているということを忘れずに、受験に臨んでくれたらなと思います。
 
 
アシスタントアドバイザー 川西