2017年2月24日金曜日

受験直前期の過ごし方 アシスタントアドバイザー 石濵編

こんにちは、
アシスタントアドバイザーの石濵です。
 
 
 
 
この間、軽音楽部の友達と
車で山梨県に行ってきました。
 
道中、とても良い天気で富士山もきれいに見えたので
運転していてめちゃくちゃ楽しかったです!
 
 
 
年も明け、いよいよ受験直前。
受験勉強も大詰めに差し掛かってきたと思います。
そこで今回は、私石濵が、受験生の時に
直前期をいかに過ごしていたかを紹介していこうと思います。
 
 
と、ここまで話してきましたが、、、
 
 
直前期だからと言って
何か特別なことを行っていたわけではありません。
 
直前期だけ勉強量を増やしたり、常に緊張したままで勉強を進めたりしても
成績が急に上がる訳でもなく、むしろペースが乱れてしまうと思ったからです。
 
 
ただ、直前期の過ごし方として勉強の方針を少し変えました。
 
 
それまでは
「自分が出来ることを増やしていく」ように勉強を進めていましたが、
直前期を迎えるに当たり、
「自分が試験中に出来ることと出来ないことを明確にする」ように
勉強を進めました。
 
たとえば自分は
センターの古文の文章を何分ぐらいで大体読むことができて
問題を○○分ぐらいで解くことができる。
 
数学のあの分野は得意だが
この分野は解くのに時間がかかり全体で少なくとも~~分ぐらいかかるなど
出来た(できる)ことと出来なかった(できない)ことは何なのか
それまで受けてきた模試や参考書などを通して「整理する時間」を設けたのです。
 
 
 
もちろん問題の難易度によって変わってくることもありますが、
何回も模試や実戦形式の問題を解いていくにつれて
ある程度のめどを立てることは出来ると思います。
 
こうして
自分が試験中に出来ることと出来ないことを直前期に改めて把握しておくことで、
実際に試験を解いていくにあたって、
より戦略的に問題に取り組むことができるようになります。
 
また、そういったことを知ることで、
自分に合った問題の解き方や配分が見えてくるので心にも余裕が生まれてくる
と思います。
 
 
受験直前期ということで
もちろん受験勉強そのものも重要ですが、
これまでの自分や受験勉強を振り返り、今一度きちんと整理してみることもまた、
この時期だからこそ重要ではないかと思います。
 
シリーズ「受験直前期の過ごし方」はこれにておしまいです。
様々なアシスタントアドバイザーの
「受験直前期の過ごし方」をお伝えして参りましたが、いかがでしたでしょうか?
少しでも参考になっていれば、幸いです。
 
万全の態勢で受験当日を迎えられるよう
あと少しですが引き続き頑張っていきましょう。
応援しています!
 
 
アシスタントアドバイザー
石濵