2017年3月15日水曜日

私の大学デビュー アシスタントアドバイザー 遠藤編

こんにちは、アシスタントアドバイザーの遠藤です。
 
今年の冬は寒かったですね。
雪が積もった地域も多く、普段雪が積もらない瀬戸内海地方の人はテンションが上がったのではないでしょうか。
僕もテンションが大分上がってしまって子供のようにかまくらを作りました。
 
 
写真はかまくら作りに没頭する遠藤です。
 
 

 
今回は、「私の大学デビュー」ということで
高校生から大学生で私の何が変わったのかちょっと振り返ってみようと思います。
 
高校生から大学生で変わったことといえば、自転車をシティサイクルからロードバイクに変えたことです。
これにより、私の行動範囲は大きく塗り替えられることになりました。
 
私の自転車行動範囲を振りかえってみると…
 
幼稚園の頃 家(香川県高松市)から数km離れた友達の家まで
小学生の頃 家(香川県高松市)から20km離れた坂出市まで(家出です)
中学生の頃 家(香川県高松市)から170km離れた愛媛県松山市まで(家出です)
高校生の頃 家の近くの屋島や五色台などの山をシティサイクルで登るようになる
 
振り返ってみると高校生まででも結構自転車で走っていますね。そして大学に入学してサイクリング部に入り、ロードバイクに手を染め、自転車を乱用するようになった私はさらにその行動範囲を広げ…
 
 
 
 
 

 

自転車で北海道一周したり、ヨーロッパや台湾に自転車を持ち込んでツーリングを楽しんだり。。。
 
日本中、そして海外を自転車で駆け廻りました。
3回生冬になり、サイクリング部を引退するまでは長期休みと所持金のほとんどをサイクリングに費やしました。
この3年間で、私の愛車の総走行距離は2万kmを超え、楽しいサイクリングライフを送ることができたと思います。
 
しかし現在、私は4回生になろうとしているのですが、自転車にうつつを抜かしていたせいでTOEICなどの資格はおろか、自分の専門分野もろくに勉強してこなかったおかげで非常に後悔しています。
大学で色々経験するのも大切ですが、きちんと勉強はしておきましょう()
 
以上、遠藤の大学デビューでした。
 
大学は勉強もしなければいけませんが、長期休暇など自分のやりたいことを沢山できる環境ですので、
皆さんも大学生になったらぜひ色々体験してみてください!
 
アシスタントアドバイザー
遠藤