2017年4月14日金曜日

私の大学デビュー アシスタントアドバイザー 岡部編

こんにちは!アシスタントアドバイザーの岡部です。
 
春休みも終わり、新年度が始まりましたね!
新しい学年、新しいクラスにはもう慣れましたか?
 
春は出会いと別れの季節です。
 
私も、先日行った奈良でかわいい鹿と出会いました。
 
 
すぐにふられました。
 
 
さて、今回のテーマは「私の大学デビュー」です!
私は大学に入学し、新しい生活の中で様々なこと始めました。
一人暮らし、ダンス、バイトなどなど
その中で特に大きく変化したことがあります。
 
それは「話し方」です。
 
熊本生まれ、福岡育ち、生粋の九州人である私
19年間博多弁と共に生きてきた私にとって一番のカルチャーショックは「関西弁」です。
大阪に着いて右も左も分からない時、新大阪駅でコンビニのおばちゃんに道を聞き、返ってきた関西弁には感動すら覚えました。
 
大学でも聞こえてくるのは関西弁ばかり。
入学した当初は、何もしていないのに怒られているように感じられることも多々ありました。自己紹介で肩身が狭い思いをした回数は数えきれません。
 
ところが人間とは不思議なものですね。
これだけたくさんの関西弁に囲まれて2年間を過ごしても、身についたのは「標準語」です。
 
私の理想は、『関西弁を身につけて華麗に福岡に凱旋し、周りから羨望の眼差しを受ける』
ことでした。
しかし私が話せるのは「標準語」と「博多弁」のハイブリット
なぜ「標準語」なのか、それは私にも分かりません。
 
はやく私も関西弁を身につけて「なんでやねん!」と、どつき合いながら、梅田ダンジョンを攻略したいです!
みなさんも私におすすめの関西弁を教えてくださいね!!
 
アシスタントアドバイザー 岡部