2018年1月15日月曜日

受験生の1日(休日編) アシスタントアドバイザー太田垣

みなさんこんにちは。
アシスタントアドバイザーの太田垣です。
受講ブース、自習室ともに連日大盛況です!!
みんなの頑張っている姿がいつも輝いています。
 
今回のテーマが「受験生の一日~休日編~」ということで
4年前のことを思い出して頑張って書いてみます。
 
実は私も元マナビス生!なので、
平日休日問わず、受験生時代はマナビス漬けでした。
 
()
朝起きて、なんとか布団から這い出て顔を洗って、
服を着替えて、朝ごはんを食べて…。
休日で一番難しいのは「なんとか布団から這い出て」のところですよね。
寒い季節は特になかなか布団から出られません、出たくありません。
なのでオススメは、
 
寝る前に「明日の朝起きて、やるべきことを考えておく」。
 
これをしたら、朝アラームが鳴って半分くらい目が覚めた時、
「眠いけど、眠すぎるけど、起きて○○をやらなあかん…」
自分に厳しくなることができます。
 
朝ごはんを食べた後は、家を出てマナビスに向かうだけです。
マナビスに行って、受講をして、自習をして、
お腹がすいたらお昼ご飯を食べて、自習をして、
集中が切れたら友達と喋って、
お腹がすいたら夜ご飯を食べて、自習をして、
閉校時間ギリギリまで粘って帰る。
家に帰ったらお風呂に入って、マナビスでやり残したことを終わらせて、
布団に入る。単語帳をぱらぱらめくっていたらいつの間にか寝ている。
()繰り返し
 
という日々だったようなそうじゃなかったような。
 
今、辛くてしんどい受験生生活も、時間が過ぎてみれば、
濃く、充実していた楽しい思い出の一部になると思います!
高3生はあともうひと踏ん張り、
高1・2生は自分にも近い将来やってくる受験生活を楽しみに?頑張っていきましょう~!
 
 
アシスタントアドバイザー 太田垣